Life SUCKS but It's FUN

音楽、IT、サブカル、アイドル、その他思いつくまま、ルサンチマンの雑記です。

某アイドルまとめサイトに喧嘩ふっかけてしまった話の真相を語りたい。

 

今から10年ほど前なんですけども、友達の友達という形で地下アイドルの女の子と知り合ったんですよ。紹介されたとかそういうのではなくて。

たまたま居合わせた、という形で。

 

当時僕はアイドルのことはさっぱりわからなくて、なんでこんな子がアイドルやってるんだろう?という印象でした。

 

と言うのも彼女は、

全くと言っていいほど社交性がなく、コミュ障で、大人しく、どこか自信なさげ。

実話なんですけど、花火大会行く時に僕の友達が多すぎる(5人)ということで、5秒で帰ったんですよ。

 

僕の中でアイドルという人種は、自己顕示欲が強く、誰よりも自分が可愛いとおもっていて、自信に満ち溢れている、という勝手な妄想を抱いていたので。

 

ところが数年前、実際に自分がアイドルヲタクになって気づいたんですけど、少なくとも地下にはそういう子がそこそこ居るんですよね。

 

彼女らは自分に絶対的な自信があって「そこ」に居るわけではないんですよ。

学校でも、自宅でも、外でも居場所がなくて、

けれどもしかし、自分が必要とされている場所があるから「そこ」に居るんですよね。

 

だから自撮りが苦手なアイドルもいる。居るんですよ。

おい間宮、お前のことだぞ、もう二年たつんだからもっと自撮りあげろ。

 

で、彼女もそうだったんですよね。ヲタクになって気がついた、彼女の

「もう女である、ということしか自分には残されていないから」

という言葉の意味。

 

ヲタクをやっていると知りたくもない話も入ってくるわけです。

実際生活出来ているのだろうか?とか。収入はチェキのみ、バイトをしつつ…なんて話も聞いたりするもんだから、実際に自分の推しがどうだかは知らないですけど、チェキ列が短いとループしちゃったりするんですよ。地下ヲタクなら経験あるでしょ?

 

もちろん推しと話したいってのはある。あるけれども、少しでも美味しいもの食べてほしいな、とか、可愛い服とか買ってほしいな、とか。いろいろ思う所があってループしてしまうんです。

 

事務所が酷かったりすれば、収益は事務所が総取り、交通費すらアイドルに払わない、なんてこともあるわけです。実際僕の友達が十代の頃そうだったから。

 

そう言った環境のなかで、ド地下のアイドルさんたちは、必死に自分の唯一の居場所にしがみつきながら、大人に騙されているんじゃないか、誰も自分を評価してくれてないんじゃないか、このまま続けてていつかもっと大きくなれるんだろうか、いつまでこれが続くんだろうか。

 

そういった思いを押し殺しながら今日も元気に歌うんですよ。笑顔で。

ね?ループしたくもなるじゃないですか。

 

実際コレは地下アイドルに限ったことではなくて、例えばみなさんが遊んでいるソシャゲ。

可愛いイラストのキャラが沢山出てきますけど、アレってpixivなんかで素人の絵師さんに業者が声をかけて、「君のイラストがゲームになるよ」って釣るんですよ。何十ってイラストノルマを二束三文で。そういう大人も居るってこと。どこにでも。

 

もちろん全てがそうなわけではなくて、例えば彼女が最後に入ったユニットのリーダーは、アイドル兼社長で、自分のお給料を削ってメンバーにお金を渡していた凄い人。そういうところもちゃんとある。

 

身も蓋もない言い方をしてしまえば、ビジネスとして他人を評価するのに最もリスペクトを表せる形って「お金」なんですよね。結局の所は。そうじゃないですか。その社長アイドルはそれを身を削ってでも表した。本当に立派だなと思うんです。

 

そんな彼女は引退を去年表明したんですけど、ある日号泣しながら電話してきたんですよ。

「バカにされた」って。

 

とあるアイドルまとめサイトにライターの依頼をされたんですけど、お金は出せない、と。自分も月額50円しか収益がないから、と。

これは書面で見せてもらったので間違いなく「50円」でした。PVとアフィリエイトの様子を見た感じ、30万くらいにはなってそうなんですけどね。

 

売出し中のアイドルなら売名もできるので無料でも乗っかる子は居るでしょう。

でも彼女は引退しているし何のメリットも、ない。

 

普通の感覚なら、なにもそんな号泣する程のことでは?と思うかも知れないけれども、地下アイドルヲタクの僕には、そして願わくば、ここまで読んで下さった方には、理由は明白だとおもう。

 

そして彼女が「Tweetでこのことを言う」と言ったんですけど、僕は断固反対したんですよね。

ファンって推しにいつまでも幸せで居てほしいんですよ。わかるでしょ?

 

「ファンが居る以上今でも君はアイドルなんだからファンには夢以外与えちゃいけない。どうしてもっていうのなら僕が代わりに言うから。」

 

ということで

 

 

こんな事つぶやく次第になったんですけど、意外とアイドルさんからもイイねが沢山ついてしまったので、何か思う所ある人も多かったのかも知れない。わからんけども。

 

ただ、ここからが今日の言いたいことなんですけども。

 

僕はそのサイトの管理人を懲らしめてやりたいとかケチをつけたいとかいうキモチは一ミリもないんですよ。

 

これだけアイドルの数が多ければ、キュレーターは絶対に必要だし、やってくれる人がいるのは非常にありがたい。時短にもなる。僕もいつもお世話になっている。

そしてその管理人が仮にアイドルと仲良くなりたくてやってたとしても、大いに結構。じゃんじゃんやってくれ。モチベなんてなんだっていいじゃないか。所詮僕らは同じ穴のムジナ。そこに潔癖さを求めてどうする?

お金もガッツリ稼いで欲しい。サイト運営は大変なんだし、そのお金でもっと地下アイドル界隈を盛り上げてくれるならそれ以上の事はないじゃないですか?

 

実際僕は友人のグーグルアドセンスの社員にそのサイトを分析してもらって、どうしたらもっと広告収益が上がるのか、ということを調査して報告してもらった。(この一連の提案は結局の所、彼女が仲違いしてしまったので管理人には届かなかったのだけれども)

予想通り当時で恐らく収益は30万円は固いという報告ももらったけれども、実際彼にHTMLやらデザインの知識が無かったとして外注していたら、そこからボラれて「50円」になってしまった可能性だって否定はできない。本当に。

 

だからそのサイトがどこなのか?とか詮索しないでもらいたい。なぜなら、

 

僕が言いたいのは唯一つ。

 

アイドルをリスペクトするキモチを忘れないで欲しい

 

それだけなんです。彼だって恐らくは僕と同じキモチで推しのチェキ、ループしたことだってあるはずなんですよ。

 

どうか、僕らの愛するアイドル達を、これからもヲタク魂を忘れずに盛り上げていってください。リスペクトを込めて。

 

ビジネスとしてアイドルと関わる全ての大人への僕からのお願いです。

 

では。

 

 

追記:この下書きは本人に目を通してもらっています。

やめてくれと言われるかな?と思ったのだけれど

「ありがとう」を何度も言われました。

 

その言葉の重みもわかってくださると幸いです。