Life SUCKS but It's FUN

音楽、IT、サブカル、アイドル、その他思いつくまま、ルサンチマンの雑記です。

Six Pence None The Richer-6ペンスよりも価値のあるもの

 

どうも。ヲタクです。

 

若い頃にちらほらと海外をふらついてたんですけども、最終的には観光名所とかも行かず写真も余り撮らなくなったんですよね。なぜかというと思い返してみたら、誰かに親切にしてもらった、とか誰かに気に入ってもらえた、とかそういった思い出のほうが鮮明に残るんですよ。いろいろ有ったけど来てよかったなって。

 

なんでこんな話をしているのかというと、ついさっき海外の地下アイドル仲間から僕が英国ロック好きということで膨大な彼のお勧めリストをもらったのですよ。

 

f:id:jetsetloo:20180609145153j:plain

 

僕の座右の銘ってほどでもないんだけど、好きな言葉に「Six Pence None The Richer」ってのがあります。貧しい男の子が父親に6ペンスをねだるのですが、彼はそのお金で父親へのプレゼントを買って渡す、というキリスト教ベースのナルニア国物語の一説なんですけど、この「6ペンスより儲かったわけでではない」って言葉、逆説的に「・・・でももっと大切なものを得たのでは」という意味だと思ってるんですよ。

 

彼と初めて合ったのはゼアゼアゼアーズというライブアイドルのライブ後物販。いわゆる「チェキタイム」なんですけど、たまたまその日時間が余ったかなんかで、全員とチェキ取れる設定になったんですね。

 

けれどもチェキ券4枚必要で、彼は3枚しかなかったんですよ。もちろん日本語わからない。順番は目の前まで迫ってる、時間もない、ってことで急いでチェキ券買いに行って彼に上げたんですよ。それ以来仲いいんです。いまはアメリカに居ますけど、

 

他のアイドルのメンバー卒業の時の夜中のやりとりで仲の良さとヲタク的熱さはわかってもらえるとおもうんですけど、

f:id:jetsetloo:20180609150310j:plainf:id:jetsetloo:20180609150355j:plainf:id:jetsetloo:20180609150435j:plain

とっさのスマホ打ちなので僕の英語の拙さやミスには目をつむってもらうとして。

 

彼が僕のために作ったスプレッドシートはおそらく何時間もかけて作ってくれた特別なものでした。まさに「チェキ券・ノン・ザ・ リッチャー」なんですよね。

 

僕は自分の経験から、国籍、宗教問わず、日本に来てくれた外国人には、来てよかったなって思って帰ってもらいたいんですよね。そしてそれが結果的にこういう心豊かなやりとりに繋がるのであれば、お互い楽しいよね、って思ってます。

 

ではでは。

 

New Found Glory Kiss Me(Six Pence None The Richer cover)

 www.youtube.com